18
12月

ビデオオンデマンドの画質は通信環境に左右される

もしも美麗な映像がセールスポイントの映像作品をビデオオンデマンドで楽しむなら、画質にできる限りこだわりたくなります。
どんなに美しい映像の作品でも、画質がイマイチだったらその良さが失われてしまいます。
ですが、ビデオオンデマンドは通信環境に大きく左右されるということを理解しておかないといけません。いかに高画質で作品を楽しみたいとしても、その高画質を楽しめるだけの通信環境が揃っていないと厳しいです。

仮にパソコンのモニターが20インチ以上のそれなりに大きな液晶画面だったら、ビデオオンデマンド視聴でかなりきれいな動画を期待できます。
しかし、通信環境が揃っていなければ、残念ながらきれいな動画にはなりにくいです。ビデオオンデマンドで推奨しているのは光回線です。
光回線は高速データ通信が可能ですので、その通信環境なら高画質の動画を望めます。
もしもそれ以外で高画質再生を選択した場合、処理できずに動画が一時停止してしまったり、コマ送りになってしまったりなど、スムーズに再生できないことがあります。
ですので、通信環境に適した画質を選ばなければいけないですし、もしも最高画質でビデオオンデマンドの動画を楽しみたいなら通信環境を良くすることが最も大切です。

これはパソコンでの利用だけに限らず、スマホやタブレットでも同様です。例えば光回線だったり、あるいはWi-Fiだったり、通信環境が整っていれば高画質でも不自由なく再生できるかもしれません。
ですが、そうではなく外出先で通信環境があまりよくなければ、満足いく画質で再生できない可能性があります。
ビデオオンデマンドでは利用するプランによって画質が変わったりもしますが、それ以外だとやはり通信環境の影響を大きく受けます。
ポイントになるのは高速データ通信可能かどうかで、その点が充実しているか否かが画質を左右します。
つまり、ビデオオンデマンドの画質にこだわりたいなら、通信環境は無視できないです。

Comments are closed.

Copyright @ ホテルで映画見放題!VODプランの部屋が大人気